横浜の業務用ソフトウェア開発やPHPを使ったWEBシステム開発・ホームページ制作ならアイ・エヌ・ワークスにお任せください。

横浜のホームページ制作ページ
  • home
  • 会社概要
  • 制作実績
  • 価格
  • ダウンロード
  • ブログ
  • お問い合せ
ホーム > ブログ

【横浜のWeb制作業者】ブログ

  • home
  • 横浜のホームページ制作・アイエヌワークス会社概要
  • 横浜のソフトウェア開発・アイエヌワークスの制作実績
  • 横浜のWebサイト制作・アイエヌワークスの価格
  • ダウンロード
  • 横浜のウェブ制作・アイエヌワークスのブログ
  • 横浜のWebシステム・アイエヌワークスへのお問い合せ

CentOS5にPHPUnitを導入するついでにxdebugもインストールする際、ちょっとはまったのでメモ。


# yum -y install php-devel (<-xdebugをpeclでインストールする場合に必要)
# pecl install -a xdebug


ところが下記のエラーで止まる。

Fatal error: Allowed memory size of 8388608 bytes exhausted

pearのバグらしいので設定ファイル(/usr/share/pear/pearcmd.php)を修正する。
以下のコードを適当な場所に追加する。


@ini_set('memory_limit', '16M');


これでコンパイル&インストールは通った。

xdebugの設定ファイル(/etc/php.d/xdebug.ini)を作成する。
下記の内容でxdebug.iniファイル作成する。


zend_extension=/usr/lib/php/modules/xdebug.so


インストールが成功したかどうかは下記のコマンドで確かめる。

$ php -i | grep -i "xdebug support"
xdebug support => enabled


参考URL
http://labs.uechoco.com/blog/2008/04/phppecl.html
http://d.hatena.ne.jp/snegishi/20071212/1197422664
http://winofsql.jp/VA003334/php051120172152.htm
http://gihyo.jp/dev/feature/01/php-test/0003?page=5

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

TrackBack URL

Leave a comment